セールスのお姉さんが妙にミニスカ


AV087_L家にセールスのお姉さんがやって来ました。
1人暮らしをしていることもあり、セールスの勧誘自体はちょくちょく受けます。
ただ、今日やってきたのは、若くて結構可愛いお姉さんだったのです。
しかも、妙にミニスカだったのです。
これは、明らかに色気でアピールしている感じが満々です。
もちろん、いつもなら適当に追い返しているのですが、せっかく若いお姉さんが来たので、お話を聞くことにしました。
そんなわけで、お姉さんを部屋に入れてあげました。
お姉さんは、妙にセクシーな声で説明をしていきます。
体だけでなく、声でもエロさをアピールするとは。
正直言って、僕はお姉さんのパンツが見えそうなくらい短いスカートに釘付けで、説明なんて全く聞いていませんでした。
まあ、聞いたところでどうせ入ることはないのですが。
結局1時間近く説明をされましたが、「とりあえず検討だけでもさせていただきます」と言いました。
もちろん、検討なんてするわけがありませんが。
さて、お姉さんは帰ってしまいましたが、ここからがお楽しみです。
お姉さんが座っていた座布団を嗅ぎながら、オナニーをしました。
この座布団には、お姉さんの生足も染み込んでいるので、オナニーのおかずにはぴったりです。